見習い監督奮闘記③   鍵交換 前編

先日、百貨店食料品売り場の物販スペースにて改修工事を行いました。

売場内に引出しがあり、今回はその引出しの鍵にまつわる話です。


引出しと鍵は、前の店舗が使っていたものを、そのまま利用します。

お客様から

「鍵が曲がっており、鍵を掛けたとき抜きにくい」

とのことで、早速鍵を真っ直ぐに伸ばすことで、問題は解決しました。


しかし、今度は「開錠時に抜けない」ことが発覚(゚Д゚)!!

お客様としても、鍵が刺さったままでは、スタッフさんのけがの原因になりかねないので、抜けるようにしたいと希望されておりました。



そこで、「合鍵を作って真新しいものに変えてしまおう!」と思い、ホームセンターに直行します!


しかし、鍵が特殊な形なので高額!!!!!

しかも、取り寄せないといけない!!!!!

さらに、納期が不明!!!!!


これは参った....。



そこで、上司に相談しました。

「鍵の受け側に問題があるのかもしれないので、鍵の受けも交換すればいい」

とのことで、早速メーカーに問い合わせてみると、衝撃の事実が発覚いたしました!!



鍵を掛けてない状態では、抜けない鍵であったのです!!



抜けないのが正しい状態で、未施錠の状態を防ぐ機能なのです。

お客様にそのことお伝えして、後日開錠時に抜ける鍵に変えるよう依頼をいただき、

この日は一件落着いたしました。


しかし、鍵の話はこれだけでは終わりませんでした。次回後編を記載致します。