厨房設計の仕事とは!

さて、久々のコメント登場!!  設計の渋谷です。

今回は、設計の仕事についてちょっとだけご紹介します。


お店の厨房レイアウト(ピザ屋さん・そば屋さん・焼肉屋さん)などの機器を選択したり

配置を考え、その機器に関わる設備(水・お湯・ガス・電気)の図面を書いてます。

そしてその機器の中で、板金とよばれてるステンレスで出来てる機器(作業台・シンク)などの

図面も描きますが、こちらは製作図面として構造や部材も考慮して作成します。



で、これ何だと思います?          ↓


これらは、マグネットキャッチと言いまして、扉の取って内側についてる物です。

扉を受けるマグネットだけでも、こんなにあります。いやいや、これでもほんの一部。

部材大手のメーカーさんが、『新しい製品が出たよ。。』って、持って来てくれました。


ちなみに、この写真で数値が書いてありますが、【69N】とか【25N】などは、吸着力を表してます。

1N(ニュートン)は約100gの物体に働く重力の大きさなので、

1N = 0.102Kgw の計算で、69N ⇒ 7.03Kgwのちからで引っ張らないと取れないと言う事です。


ふーんって、実感が沸かないですね。でもこの数値を馬鹿にしてると大変。。

こんな小さなマグネットでも、7Kgで引っ張らないと取れないから、間違っても扉に使ってはいけません。


このように、部材のメーカーさんや冷蔵庫・熱機器のメーカーさんからもいろんな情報を頂き

お客様の要望に沿った製品を考えるのも設計の仕事です。  では、またの機会に。。





厨房事業部 設計  渋谷