見習い監督奮闘記②

今回の工事では、トイレを新規で増設します。

そのために、排水管を既存の排水管に接続する必要があります。

 

しかし、設備図がありません.....

既存の排水管のどこを通っているのか、わからないのです!!

 

当初の考えでは、以下の工程を想定していました。 

 ・床を斫って、既存の排水管を確認

 ・排水管を接続

 ・斫った床を補修

この工程だと、3-4日の工期がかかってしまい、また斫る際に粉塵が大量に発生してしまうのです。

時間や工事内容を考えると......できれば避けたいのが本音です。


そこで、点検口から床下に潜り確認してみると、既存排水管が通っていました!

新規トイレを設置する場所から近いので、床にコア抜き(穴をあける)をして、

接続することで対応ができます!!

工事を効率よくできそうです。

その代り、水道業者さんは狭くて暗い場所での作業になってしまうのですが....


給排水設備について、1つ知ることができました!!!!

                              内装事業部  荒井 大儒